全商品一覧を見る

内容を見る


ロケーション
  1. HOME
  2. ABOUT US





Founded by Stephane Raynor in 1976, the story of BOY is a true one off, in that that the wildest rumours and legends that surround it couldn’t hope to compete with the reality. Beloved by the underground, but frequently courted by an overground hungry for a piece of BOY’s trademark attitude, it remains the label that everyone wants in on.

From Warhol, to Madonna, Punks through to New Romantics, club kids to fashionistas, all have worn BOY. Adopted as the uniform of choice for every youth movement that has mattered, the brand has outlived them all, with the unmistakeable spirit that underpins all things BOY remaining the same today as when it was first formed…

The rich history of the brand inevitably reads like a ‘who’s who’ of fashion and music. Prior to conceiving BOY, Stephane had been selling 50s clothing to Malcom Mclaren at his shop ‘Let it Rock’ before opening the legendary style outlet ‘Acme Attractions’ - which counted punk DJ and film maker Don Letts, and ex Pil member and current Rough Trade MD Jeanette Lee on its payroll.

It was when he opened the BOY store on the Kings Rd in 1976 that things really began to take shape though. Every day of trading the streets outside the shop would be packed with its elaborately dressed and styled clientele, whilst inside Billy Idol worked the till and Phillip Salon made the tea. BOY was the epicentre of a new dawn in both fashion and music, defining the spirit of punk and birthing the New Romantic scene that appeared in its wake.

Raynor briefly lent his hand to opening another famed store, PX, in 1978, where under his guidance the scene surrounding him and his enterprises (led by Visage’s Steve Strange and DJ Rusty Egan) came to be known as the infamous ‘Blitz Kids’ (the original club kids), before returning his full focus to BOY LONDON in 1980.

It was from here that the creative element of BOY came into its own and things started to go into the stratosphere. Fuelled by a constant desire for reinvention and a hunger to set innovative new styles and trends, BOY quickly became the most iconic and talked about label on the planet.

This was the time when the label’s famously riotous catwalk presentations (as much art happenings as they were runway shows) were the wildest events in the fashion calendar. Where the brands Parisian nightclub ‘CLUB BOY’ rose to notoriety as the most scandalous thing to hit the city in decades, before finally imploding in 1985 at the height of its notoriety.

Yet amongst all the chaos surrounding the operation one thing was abundantly clear: BOY had become THE must have label of the era, snapped up by those who could get it and imitated by those that couldn’t. The prominence of the label continued throughout the 80s and into the 90s, where trademark BOY tees were adopted as the uniform of choice for the acid house movement and the Ibiza explosion, and were an unmissable presence during the summer of love.

Then, at the height of its fame, BOY finally buckled beneath the numerical demands of an international buyers list that had spiralled out of control, causing the label to indefinitely close its books…

The story doesn’t end there though. Word of mouth and a passion for the brand amongst those versed in its history kept the label alive throughout the nineties. In second hand stores and charity shops the world over, original BOY pieces became the most fetishised of finds. Then, in 2007 rumours began to circulate that the legendary label was returning. Sure enough, Stephane’s latest venture, a store named SICK (located on Redchuch Street in the heart of East London), soon emerged and with it came the relaunch of BOY.

True to the original spirit of BOY, Sick is not a shop in any conventional sense, but a rather continually shape shifting whirlwind of basement parties, living art instillations and design studios. This ‘anything goes’ approach to the space restored the trademark BOY notoriety to the fashion landscape, whilst also introducing the attitude of the label to a whole new generation of fans.

Packed with one off original pieces and classic BOY prints (as well as new collaborations with cutting edge designers), the fact the store sells out on a weekly basis tells you everything you need to know; times may have changed, but BOY remains as influential, and in demand, as ever.

Words: William Wright






1976年にステファン・レイナ―によって設立されたBOYの物語は、にわかに信じがたいほど伝説的になっていますが、すべて本当の話です。

アンダーグラウンドでの人気はもちろん、BOYのトレードマークに惹かれるオーバーグラウンドも大勢いることでこのブランドは大衆が望むものとして残り続けています。

ウォーホルからマドンナ、パンクからニューロマンティック、クラブキッズからファッショニスタまで、BOYは愛用されてきました。 青少年による重要な活動のためのユニフォームとして採用されるなど、BOYの誕生当初から今日まで変わらずに残っているゆるぎない精神のもと、このブランドは生き続けてきました。

ブランドの豊かな歴史は必然的にファッションと音楽の「Who's Who」のようになります。 BOYを構想するよりも前、そしてパンクDJや映画製作者のドン・レッツ、そして元Pilのメンバーで現在のRough TradeのMDであるジャネット・リーが働いていた 伝説的なアウトレット'Acme Attraction'がオープンするよりも前に、ステファンはあのマルコム・マクラーレンのストアである 'Let it Rock'に50年代の服を提供していました。

1976年にキングスロードにBOYストアをオープンしたその日から、それから始まるすべてのストーリーが実際に形を成し始めます。 店の外の通りで取引する日々はやがて、ドレスアップした顧客で店をいっぱいにします。 BOYはファッションと音楽の両方における新しい夜明けの中心であり、パンクの精神を定義し、それに続いて現れたNew Romanticシーンを誕生させました。

レイナ―は1980年に彼の全焦点をBOY LONDONに戻す前、1978年にPXという別の有名店のオープンにも携わりました。 PXは彼の指導と彼の企業(Visageのスティーヴ・ストレンジとDJ ラスティ・イーガンが率いる)を取り巻く環境により、 名高い「Blitz Kids」(元のクラブキッズ)として知られるようになりました。

ここからBOYのクリエイティブな要素が生まれ、ストーリーも成層圏に入り始めました。 改革への絶え間ない欲求と革新的な新しいスタイル、またトレンドへの渇望に支えられ、 BOYはすぐさまアイコニックとして世間に認識され、地球上のブランドについて声を広げていきました。

これは、ブランドの有名な暴動的ファッションプレゼンテーション(ファッションショーと並べられるほどのアートイベント)が ファッション業界で最もワイルドなイベントとされていた時期でした。 ナイトクラブ「CLUB BOY」が数十年に渡り街を賑わす最もスキャンダルなものとしてありつづけた頃、ブランドついに1985年にはその人気が爆発します。

時代を取り巻くすべての混乱の中で、1つだけ明らかなことがあります。 それは、BOYこそがその時代手に入れるべきラベルであり、それを手に入れることができた人々は狂喜し、手に入れられなかった人々は真似をしていました。 80年代から90年代にかけてブランドの名声が高まり、BOYのトレードマークTシャツはアシッドハウス運動とイビサの爆発的な流行を拡散するユニフォームとして採用され、 サマー・オブ・ラブの間、見ない日はない存在となりました。

そしてその名声の高さのなか、手に負えなくなった国外需要のもとに崩れ、ついに長い歴史に幕が下りることとなりました。

しかしながら物語はそれだけでは終わりません。 このブランドの歴史に精通している人々の間での口コミや情熱が、このブランドを90年代を通して生き続けさせました。 世界中の古着店やチャリティーショップでは、オリジナルのBOY商品が最も価値のある掘り出し物としてファンを熱狂させました。 その後、2007年に伝説のブランドが戻ってきたという噂が広まり始めます。 まもなくしてステファンの新しいストア、'SICK'(イーストロンドンの中心部にあるRedchuch Streetに位置)がオープンし、 BOYがその姿を再び現しました。

BOYの本来の精神に忠実に、Sickは型にはまったショップではなく、むしろ旋風のごとく形を変え続ける、生きるアート教室やデザインスタジオのようなショップでした。 この「何でもあり!」というアプローチは、ファッション業界でのBOYの評判を復活させ、また新しいジェネレーションを生きる若いファンたちを虜にしました。

唯一無二のオリジナル作品とクラシックなBOYプリント(そして最先端のデザイナーとの新しいコラボレーション)。 時代こそ変わりましたが、BOYはこれからも変わらず影響力を放ち続け、また世界中から求められる存在であり続けます。

言葉:ウィリアム・ライト


場所



WORLD SHIPPING

PLEASE SELECT THE DESTINATION COUNTRY AND LANGUAGE :

GO
close